スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後発医薬品や新薬2製品が好調―明治HD(医療介護CBニュース)

 明治ホールディングスは5月13日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。医薬品事業(農薬・動物薬を含む)の売上高は1276億円で、農薬・動物薬が減少したものの、昨年8月に発売した抗菌薬オラペネム、9月発売の抗うつ薬リフレックスの新薬2製品が寄与するとともに、後発医薬品が146億円(前期比36%増)と好調に推移した。

 最主力品の抗菌薬メイアクトは、「新型インフルエンザの流行により、うがいや手洗いなどが徹底された影響から、抗菌薬の出番が少なかった」(広報担当者)ことから、前期から売り上げが7%低下したという。

 今年度については、新薬2製品と後発品の販売拡大、徹底したコストダウンによって、薬価引き下げの影響の克服を狙う。新薬2製品が今年度、年間を通じての寄与になることや、後発品の売上高170億円を目指すことなどから、医薬品事業全体の売上高は前期比2.8%増の1312億円と予想している。

 同社は、明治製菓と明治乳業が昨年4月に経営統合し、両社を完全子会社とする共同持株会社として設立された。医薬品事業は明治製菓の「薬品」セグメントに、明治乳業の医薬品事業を加えたもので、個別医薬品の売上高は開示していない。


【関連記事】
新作用メカニズムの抗うつ薬を発売―明治製菓とシェリング・プラウ
最主力のアルツが9%の伸長-科研製薬
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱
13年度底にV字回復目指す―武田薬品
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬

肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<強盗>パチンコ店から3人組360万円奪い逃走 千葉(毎日新聞)
大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。