スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済と韓国

今回の地震災害で自動車やエレクトロニクス製品に不可欠な素材・部品メーカーが被災して、その結果、日本だけでなく世界中の工場の完成品の生産ラインが残ってしまうといえという事態になった。

 日本の素材・部品企業には世界占有率の過半を占める所が多くて、それなしでは自動車道スマートフォンも製造できない。 日本製造業の強力な点は完成品でかえって素材・部品部門にある。 貿易黒字の【モットー】、日本経済の宝物だ。

 海外側が、地震災害で部品供給が止まったのを機会で攻勢を欠如する。 韓国政府は日本の素材・部品メーカーは韓国に工場を分散してリスク分散しなければなければならないと提案してきた。 クレジットカード現金化 違法に賛成する人もいるとしても、何を考えていること認知.

 韓国は完成品では三星電子など強大な企業を所有するが、素材・部品のたくさんを日本に依存、それによる巨額の対日赤字が問題化している。 これのために、「部品・素材競争力総合対策」に着手、10代核心素材を選定して18年まで日本クレジットカード現金化 店舗を追い抜く計画だ。

 今までは、海外側がよく乗った侵食はない形だが、素材・部品の供給停止が長く引っ張れば何があるかもしれない。 今回の、核心技術の海外流出を防止するために、日本オプチェキリが「生産委託」で共同防衛する姿勢だという心づよい。

 ユニークしたことは、被災で顧客企業に納品できなくなった日本業者が違う日本業者に、製品の円秘の製造情報を含ませて一時的に渡して委託生産するようにする。 しかし、期限終了後は顧客も製造情報も返還するようにする、ブラックも融資OKという規定をすることだ。

 海外企業にこのような委託生産をすれば製造ノウハウも顧客も奪われる。 しかし、この場合、経済産業省クレジットカード現金化 詐欺が仲介するためにルール違反は起きない。 万一、そんなことをすれば、その企業は「日本株式会社」の中で悪口において存続できなくなる。

 いくら考えても日本的、というのか日本でなければ不可能な手法だが、非常時に市場任せているようにしておくのは危険だ。 危機はすなわち公的部門の出て行く回(順序)だ。 前例にしばられないで大胆に動く必要がある。 海外への技術流出防止に向かって現金化 仕組みのスキームは最近噂になった悪いキョン生産性としてとても上手にするではないか?

 今までは、日本産業の「内側大方」への蚕食は軽微なようだ。 しかし、完全復旧まで後日何ヶ月は要するから、油断はできない。

 要注意であることが海外資本による買収だ。 「平成の開局」を話す以上、市場原理は無視できないが、それは抜け出してこれはこれだ。 買収にも「良い買収」と「悪い買収」があるだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。