スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地検が初の「オープン会見」 江川紹子さんらクラブ外15人(J-CASTニュース)

 東京地検は2010年6月10日、記者クラブ加盟社以外の記者やフリージャーナリスト(いずれも事前登録が必要)へも開放した初の会見を東京都千代田区の同地検広報室で開いた。大鶴基成・次席検事ら3人が、裁判員制裁判の現状を報告したり質問に答えたりした。

 用意された約50席はほぼ埋まり、立ってメモを取る記者もいた。「記者クラブ外」の記者は15人が参加した。

■過去の記事に「正確な報道をお願いしたいな」

 「記者クラブ外」の日本ビデオニュースの神保哲生さんは、東京地検特捜部などの捜査状況を報じる「記者クラブ」の記者らの過去の報道ぶりについて、「正確な伝え方をしている、と見ているのか」と感想を聞いた。

 これに対し、特捜部長経験もある大鶴次席は「難しい質問ですが」と断った上で、「正確な報道をお願いしたいな」「誤解されたくないな」と思ったことがある、と答えた。

 また、J-CASTニュースが「記者会見の開放について懸念していることはあるか」と質問したのに対し、片岡弘・総務部長は「現段階ではない」としつつ、批判的な記事が出ることも「覚悟している」と話した。

 会見で質問もしたジャーナリストの江川紹子さんは、初の「オープン会見」について「改善の余地は多いが、(会見が)開かれた意味は大きい」と評価していた。また、「記者クラブ外」の記者らを入り口から地下の会見場へ誘導するため、廊下にロープが特別に張られたり数十人の職員が待機したりしていた状況について、「物々しい」と驚いていた。

 地検は今後、週に1回程度の「オープン会見」を予定している。会見の映像撮影や録音は禁止されており、10日の会見で禁止を解くよう求める声も「記者クラブ外」の記者らから挙がっていた。


■関連記事
菅首相が官邸で初会見 「オープン化」に消極姿勢 : 2010/06/08
記者クラブという「鎖国」制度 世界の笑いものだ/(連載「新聞崩壊」第1回/フリージャーナリストの上杉隆さんに聞く) : 2008/12/30
記者クラブに開放断られて 亀井氏「もうひとつの記者会見」断行 : 2009/10/06
宴会の「日程調整」と「出欠確認」をラクにする方法 : 2009/12/18
小沢捜査と報道の問題点 26日に都内でシンポ : 2010/02/18

「いじめ被害の友救えず」 中3、硫化水素自殺 川崎(産経新聞)
義援金は「ふるさと納税」扱い=口蹄疫で優遇、農家支援―総務省(時事通信)
酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)
郵便不正事件 村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)
スポンサーサイト

<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)

 大阪府泉南地域のアスベスト(石綿)工場の元労働者らが、国に健康被害に対する損害賠償を求めた集団訴訟で、政府は31日、国の責任を初めて認めた大阪地裁判決について控訴することを決めた。仙谷由人・国家戦略担当相は「アスベストの救済策がまだ固まっていない段階で、判決を確定させるわけにはいかない」と述べた。

 判決は、旧じん肺法施行(1960年)以降の被害に国の不作為責任を認め、原告26人に計約4億3500万円の賠償を命じた。閣内では他の行政訴訟への影響を懸念して、控訴しないことに慎重な意見が出ていた。

 原告側は国が控訴を断念すれば、控訴しない方針を決めていた。【小山由宇、江口一】

首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
パナソニック、7V型液晶搭載を初採用した新ストラーダポケット5機種を発売
「結婚控えていたので流産を」=不同意堕胎事件で医師―警視庁(時事通信)
「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。