スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済と韓国

今回の地震災害で自動車やエレクトロニクス製品に不可欠な素材・部品メーカーが被災して、その結果、日本だけでなく世界中の工場の完成品の生産ラインが残ってしまうといえという事態になった。

 日本の素材・部品企業には世界占有率の過半を占める所が多くて、それなしでは自動車道スマートフォンも製造できない。 日本製造業の強力な点は完成品でかえって素材・部品部門にある。 貿易黒字の【モットー】、日本経済の宝物だ。

 海外側が、地震災害で部品供給が止まったのを機会で攻勢を欠如する。 韓国政府は日本の素材・部品メーカーは韓国に工場を分散してリスク分散しなければなければならないと提案してきた。 クレジットカード現金化 違法に賛成する人もいるとしても、何を考えていること認知.

 韓国は完成品では三星電子など強大な企業を所有するが、素材・部品のたくさんを日本に依存、それによる巨額の対日赤字が問題化している。 これのために、「部品・素材競争力総合対策」に着手、10代核心素材を選定して18年まで日本クレジットカード現金化 店舗を追い抜く計画だ。

 今までは、海外側がよく乗った侵食はない形だが、素材・部品の供給停止が長く引っ張れば何があるかもしれない。 今回の、核心技術の海外流出を防止するために、日本オプチェキリが「生産委託」で共同防衛する姿勢だという心づよい。

 ユニークしたことは、被災で顧客企業に納品できなくなった日本業者が違う日本業者に、製品の円秘の製造情報を含ませて一時的に渡して委託生産するようにする。 しかし、期限終了後は顧客も製造情報も返還するようにする、ブラックも融資OKという規定をすることだ。

 海外企業にこのような委託生産をすれば製造ノウハウも顧客も奪われる。 しかし、この場合、経済産業省クレジットカード現金化 詐欺が仲介するためにルール違反は起きない。 万一、そんなことをすれば、その企業は「日本株式会社」の中で悪口において存続できなくなる。

 いくら考えても日本的、というのか日本でなければ不可能な手法だが、非常時に市場任せているようにしておくのは危険だ。 危機はすなわち公的部門の出て行く回(順序)だ。 前例にしばられないで大胆に動く必要がある。 海外への技術流出防止に向かって現金化 仕組みのスキームは最近噂になった悪いキョン生産性としてとても上手にするではないか?

 今までは、日本産業の「内側大方」への蚕食は軽微なようだ。 しかし、完全復旧まで後日何ヶ月は要するから、油断はできない。

 要注意であることが海外資本による買収だ。 「平成の開局」を話す以上、市場原理は無視できないが、それは抜け出してこれはこれだ。 買収にも「良い買収」と「悪い買収」があるだろう。
スポンサーサイト

東京地検が初の「オープン会見」 江川紹子さんらクラブ外15人(J-CASTニュース)

 東京地検は2010年6月10日、記者クラブ加盟社以外の記者やフリージャーナリスト(いずれも事前登録が必要)へも開放した初の会見を東京都千代田区の同地検広報室で開いた。大鶴基成・次席検事ら3人が、裁判員制裁判の現状を報告したり質問に答えたりした。

 用意された約50席はほぼ埋まり、立ってメモを取る記者もいた。「記者クラブ外」の記者は15人が参加した。

■過去の記事に「正確な報道をお願いしたいな」

 「記者クラブ外」の日本ビデオニュースの神保哲生さんは、東京地検特捜部などの捜査状況を報じる「記者クラブ」の記者らの過去の報道ぶりについて、「正確な伝え方をしている、と見ているのか」と感想を聞いた。

 これに対し、特捜部長経験もある大鶴次席は「難しい質問ですが」と断った上で、「正確な報道をお願いしたいな」「誤解されたくないな」と思ったことがある、と答えた。

 また、J-CASTニュースが「記者会見の開放について懸念していることはあるか」と質問したのに対し、片岡弘・総務部長は「現段階ではない」としつつ、批判的な記事が出ることも「覚悟している」と話した。

 会見で質問もしたジャーナリストの江川紹子さんは、初の「オープン会見」について「改善の余地は多いが、(会見が)開かれた意味は大きい」と評価していた。また、「記者クラブ外」の記者らを入り口から地下の会見場へ誘導するため、廊下にロープが特別に張られたり数十人の職員が待機したりしていた状況について、「物々しい」と驚いていた。

 地検は今後、週に1回程度の「オープン会見」を予定している。会見の映像撮影や録音は禁止されており、10日の会見で禁止を解くよう求める声も「記者クラブ外」の記者らから挙がっていた。


■関連記事
菅首相が官邸で初会見 「オープン化」に消極姿勢 : 2010/06/08
記者クラブという「鎖国」制度 世界の笑いものだ/(連載「新聞崩壊」第1回/フリージャーナリストの上杉隆さんに聞く) : 2008/12/30
記者クラブに開放断られて 亀井氏「もうひとつの記者会見」断行 : 2009/10/06
宴会の「日程調整」と「出欠確認」をラクにする方法 : 2009/12/18
小沢捜査と報道の問題点 26日に都内でシンポ : 2010/02/18

「いじめ被害の友救えず」 中3、硫化水素自殺 川崎(産経新聞)
義援金は「ふるさと納税」扱い=口蹄疫で優遇、農家支援―総務省(時事通信)
酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)
郵便不正事件 村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)

<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)

 大阪府泉南地域のアスベスト(石綿)工場の元労働者らが、国に健康被害に対する損害賠償を求めた集団訴訟で、政府は31日、国の責任を初めて認めた大阪地裁判決について控訴することを決めた。仙谷由人・国家戦略担当相は「アスベストの救済策がまだ固まっていない段階で、判決を確定させるわけにはいかない」と述べた。

 判決は、旧じん肺法施行(1960年)以降の被害に国の不作為責任を認め、原告26人に計約4億3500万円の賠償を命じた。閣内では他の行政訴訟への影響を懸念して、控訴しないことに慎重な意見が出ていた。

 原告側は国が控訴を断念すれば、控訴しない方針を決めていた。【小山由宇、江口一】

首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
パナソニック、7V型液晶搭載を初採用した新ストラーダポケット5機種を発売
「結婚控えていたので流産を」=不同意堕胎事件で医師―警視庁(時事通信)
「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)

口蹄疫 いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の最大の感染地、川南(かわみなみ)町。この1カ月で町の風景は一変した。人通りは絶え、公共施設や飲食店、民家など町中いたるところに石灰がまかれ、消毒マットによる防疫が続く。口蹄疫は畜産農家だけでなく地元経済にも深刻な影響を及ぼすが「開拓精神」で頑張る動きもある。【澤本麻里子】

 ◇絶えた人通り

 「人が来ないから収入がない。町全体がストップした」と町商工会の有沢章事務局長(61)は肩を落とした。川南町は、青森県十和田市、福島県矢吹町と並ぶ日本三大開拓地の一つと呼ばれ、戦後、入植者らの手で開かれた。畜産を中心に全国有数の農業生産量を誇る。毎月1回、さまざまな商品を載せた軽トラックが集まる「トロントロン軽トラ市」など、全国から注目されるイベントも企画し、町おこしにも力を入れてきた。ところが、口蹄疫問題が浮上した4月末以来、市は中止された。再開時期は決まっていない。

 飲食店など364店が加盟する川南町商工会。大型連休後、「店がつぶれそうだ」と相談を持ちかける経営者が急増している。

 国は畜産農家への補償や経済支援については発表したが、地元企業などへの言及はない。町商工会は融資の返済期限を延ばすなどして対応しているが、解決方法は見えない。有沢事務局長は「県内外に感染が広がる可能性がある以上、川南だけの問題ではない。町だけで再建するには限界がある。私たちは国に見捨てられたのか」ともどかしさを語った。

 老舗料亭「赤坂」は先月20日、予約が全部キャンセルされた。その後も客足は遠のき、前年比で収入は大幅ダウンだ。おかみの和田直子さん(50)は「軽トラ市などで盛り上がっていたところから一気に落ちた。ジェットコースターに乗っている気分」とため息をつく。姉(54)が飼育していた豚約1200頭も殺処分された。和田さん自身、経営に不安を抱えたまま毎日を過ごす。「国にはもう少し危機感を持ってスピーディーに対応してほしかった」

 その中で経営を支えているのが町内でワクチン接種などの作業に従事する獣医師らの弁当づくり。ライバル関係にある同業他社と協力している。「こんな時はおたがいさま。すべてが終わったらライバルに戻りましょうと話してます。不安はあるけど、先人の開拓精神を見習ってもう一度、川南を元気にしたい」と笑顔を見せた。

【関連ニュース】
口蹄疫:ペットのヤギにも感染の疑い
口蹄疫:牛に対するワクチン接種始まる 3市4町で実施
四日市市議:ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」
<検証>口蹄疫、3月には感染か 宮崎・水牛に症状、初動遅れ被害拡大
<分析>スーパー種牛、口蹄疫で殺処分 揺らぐ国産牛生産 畜産関係者に衝撃

ツイッター野球拳
化けものが酒の振る舞い=山形県鶴岡市〔地域〕(時事通信)
アスベスト被害で三井造船を提訴 元下請け従業員遺族(産経新聞)
<平針里山開発>許可取り消し請求却下 住民側、提訴へ(毎日新聞)
首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた 普天間飛行場の辺野古移設案で(産経新聞)

後発医薬品や新薬2製品が好調―明治HD(医療介護CBニュース)

 明治ホールディングスは5月13日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。医薬品事業(農薬・動物薬を含む)の売上高は1276億円で、農薬・動物薬が減少したものの、昨年8月に発売した抗菌薬オラペネム、9月発売の抗うつ薬リフレックスの新薬2製品が寄与するとともに、後発医薬品が146億円(前期比36%増)と好調に推移した。

 最主力品の抗菌薬メイアクトは、「新型インフルエンザの流行により、うがいや手洗いなどが徹底された影響から、抗菌薬の出番が少なかった」(広報担当者)ことから、前期から売り上げが7%低下したという。

 今年度については、新薬2製品と後発品の販売拡大、徹底したコストダウンによって、薬価引き下げの影響の克服を狙う。新薬2製品が今年度、年間を通じての寄与になることや、後発品の売上高170億円を目指すことなどから、医薬品事業全体の売上高は前期比2.8%増の1312億円と予想している。

 同社は、明治製菓と明治乳業が昨年4月に経営統合し、両社を完全子会社とする共同持株会社として設立された。医薬品事業は明治製菓の「薬品」セグメントに、明治乳業の医薬品事業を加えたもので、個別医薬品の売上高は開示していない。


【関連記事】
新作用メカニズムの抗うつ薬を発売―明治製菓とシェリング・プラウ
最主力のアルツが9%の伸長-科研製薬
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱
13年度底にV字回復目指す―武田薬品
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬

肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<強盗>パチンコ店から3人組360万円奪い逃走 千葉(毎日新聞)
大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。